トップ / プロジェクト / m@p vol.1  / 山本聖子

山本聖子[m@p]スタンダード

  • 山本聖子[m@p]スタンダード
  • 初回封入内容 参考画像「《 White Air 》のための習作」
  • 初回封入内容 参考画像「《 White Air 》のための習作」

商品説明

2019年の個展が記憶に新しい山本聖子は、[m@p]で『White Air』という新しいシリーズを展開する。これは先の個展でアプローチした「社会の中に可視/不可視の状態で存在するフレーム化された空気」に焦点を充て、ここから山本の取り組む新シリーズとなるものです。制度としてのフレーム(=額)をマテリアルに展開するこのシリーズは、1年・4回に渡る発表ごとに、作家自身も予期しない進化を見せることになるだろう。それは、何よりこれからの1年が「変化する/しない」の狭間に私たち自身が揺らぐことになるだろうから。現在進行形だからこそ、購入者自身の体験が重ねられるこの新シリーズは、ギャラリーでの作品体験とは違った鑑賞の魅力を知ることができる。

ロット:5
販売価格:¥50,000(税込・送料込)





作家テキスト|山本聖子

White Air

私が育ったのは1970年の大阪万博に前後して建設されたニュータウンだ。
あらゆるものが完備され人々が何不自由なく生活できる、いわば当時の理想都市でありながら、そこで感じていた空気は、なぜか漂白されたように白く、それによって私の身体はいつもどこか不自由だった。

この原体験から、私は訪れる先々で、自分の身体を取り巻く空気を、色によって直感的に捉えるようになり、これを「気配の色」と名付けた。そしてその色について、歴史や地理、文化、宗教など様々な角度から調査し思考することで、自分と異なる人々や社会の中の “潜在的な知覚”を探り、その背景にあるものの多様さを見つめている。

m@pプロジェクトでは、新たに取り組む「White Air」という新しいシリーズの習作を展開する予定である。
これは素材に“物件の間取り図”を用いたシリーズと同様、社会の中に可視/不可視の状態で存在するフレーム化された空気に焦点を当てたものである。
初回は写真にあるようなフォトフレームをお届けするが、2回目以降は、ドローイングになるのか写真になるのか、まだ私にもわからない。
これから始まる全4回をとおして、変化する/しない社会に呼応するように作品は展開されるだろう。


■初回封入内容:《 White Air 》のための習作(内容:アクリル付きフォトフレーム|外寸170mm × 220mm ※内寸127mm × 178mm/アクリル板、木製フォトフレーム、紙/2020年)

2回目以降は「《White Air》のための習作」として写真、ドローイング、詩などを封入予定。

作家情報(Gallery PARC)

作家ウェブサイト
http://www.seikoyamamoto.net
[商品コード ] YS1-01-001

山本聖子[m@p]スタンダード

販売中
50,000円(税別)
商品価格には送料が含まれています。

(在庫数 5)

お名前必須
メールアドレス必須

電話番号
お問い合わせ内容必須
回答方法

プライバシーポリシーをご確認ください。

問い合わせメールを送信しました。
発送月:2020年7月(初回)・10月・2021年1月・4月

ご購入受付期間:2020年7月1日~10月20日

※8月以降にご購入いただいた場合は、2回目の発送(10月下旬予定)までに初回分をお送りします。

※送料について:国内のお届け先に限り送料込み。[m@p]meet @ post専用封筒に封入の上、レターパックライトにてお送りします。