トップ / プロジェクト(project) / m@p 2nd. / 牛島光太郎

牛島光太郎 [m@p] スタンダード

  • 牛島光太郎 [m@p] スタンダード
  • 一枚物語(額装例)
  • 三枚物語(作例1)
  • 三枚物語(作例1)
  • 三枚物語(作例2)
  • 三枚物語(作例2)
  • 三枚物語(作例2)
  • 一枚物語 参考画像
  • 一枚物語(額装例)
  • 三枚物語(作例1)
  • 三枚物語(作例1)
  • 三枚物語(作例2)
  • 三枚物語(作例2)
  • 三枚物語(作例2)
  • 一枚物語 参考画像

商品説明

牛島が7年前から描きためたシリーズ作品《一枚物語》。
1枚の紙の上の絵と言葉の微妙なズレは、鑑賞者の想像を掻き立て、それぞれの物語が立ち上がるユニークな作品を、4回を通じて全11点もお届けします。初回には4月に刊行された『一枚物語』(192ページ、定価1760円)も同封。

ロット:3
販売価格:¥50,000(税別・送料込み)


作家テキスト|牛島光太郎

「一枚物語」は、2013年から取り組んでいる平面作品です。 絵と言葉で構成される作品ですが、作中の絵と言葉は、挿絵や吹き出しのテキストのようにお互いを説明し合わず、少しズレた関係にあります。 チグハグな絵と言葉の間にある文脈のようなものを、鑑賞者の想像により補うという物語のつくり方を試みた作品です。 2020年4月には、アリエスブックスから約200枚が収録された書籍「一枚物語」が出版されました。 「一枚物語」はタイトルの通り、1枚で完結する作品ですが、2020年から3枚組の作品「三枚物語」の制作を始めました。作品の試み自体は変わりませんが、3枚組にすることで、時間軸を入れることができ、表現の幅が広がったように感じています。

 

m@pプロジェクトでは、2回目から4回目に「三枚物語」をお届けします。 関連性を持った合計9枚組の作品(3枚×3回分)とも言えます。 時間軸の入った3枚組の作品に、3回(2回目、3回目、4回目)に分けて届くというこのプロセスが、作品や鑑賞体験にどのように作用するか、とても興味があります。

 

■初回封入内容

・書籍「1枚物語」(2020年4月刊行)

・m@pプロジェクトのために制作した「一枚物語」(210mm×148mm/クリームコットン紙に色ペン) 2枚

 

■2回目~4回目封入内容



・各回「三枚物語」(210mm×148mm/クリームコットン紙に色ペン) 3枚  ※各回3枚、合計9枚

作家情報|Gallery PARC

作家ウェブサイト
http://www.ushijimakoutarou.com
[商品コード ] UK1-01-001

牛島光太郎 [m@p] スタンダード

販売中
50,000円(税別)
商品価格には送料が含まれています。

(在庫数 3)

お名前必須
メールアドレス必須

電話番号
お問い合わせ内容必須
回答方法

プライバシーポリシーをご確認ください。

問い合わせメールを送信しました。
発送月:2020年9月(初回)・12月・2021年3月・6月

ご購入受付期間:2020年9月7日~12月20日

※10月以降にご購入いただいた場合は、2回目の発送(12月下旬予定)までに初回分をお送りします。

※送料について:国内のお届け先に限り送料込み。[m@p]meet @ post専用封筒に封入の上、レターパックライトにてお送りします。