トップ / プロジェクト(project) / m@p 1st.  / 大洲大作

大洲大作 [m@p]スタンダード

  • 大洲大作 [m@p]スタンダード

商品説明

2020年5月に個展開催を予定していた美術家・大洲大作は、[m@p]ではこれまで継続的に取り組んできた「光のシークエンス」シリーズをベースに、これからの1年の中で自身が暮らす東京を中心に、そこに見つけたシーンを撮影し、リバーサルフィルム(ポジフィルム)でお届けします。
オリジナルとなるポジフィルムが購入者のお手元にしか残らない本プランでは、最後にお手元のフィルムから1枚を選んでいただき、オリジナルプリントにしてお送りします。三ヶ月に一度の撮り下ろしにより「今」の光と影が写しとられたフィルムは、やがて、これからの未知なる「1年」という時間のシークエンスが記録されたものともなります。そして、それはまた購入者の1年の暮らしのシークエンスの記録・作品ともなるものです。

ロット:3
販売価格:¥50,000(税別・送料込み)


作家テキスト|大洲大作
光のシークエンス – Sliding Films

列車などの車窓にうつろい滲む、営為をうつす光そして影を掬い上げる《光のシークエンス》。実物の車窓をスクリーンに、映像としてうつし出すインスタレーションとして発表する機会が多い作品となっているが、その映像は動画ではなく、写真を一枚ずつ時間軸に並べてゆく形。ポイントとなる写真、それをつなぐ写真、シークエンスは連なるシーンで成り立っている。
今回は、普段のデジタルカメラをプリミティブなフィルムカメラに持ち替え、リバーサルフィルムでの撮影を試みる。三ヶ月に一度届けられるそのひとコマひとコマ=『シーン』は、データではなく一片きりのオリジナル。2020年から2021年へとうつる今=それぞれの『シークエンス』を、自由に編んでいただければと思う。

あなただけの『シーン』と『シークエンス』をお手元に。

三ヶ月に一度、撮り下ろされた1〜2コマの6x7cm判リバーサルフィルム=『シーン』をお届けします。初回の配送にはポータブル型ライトボックスとルーペが付属します。※1

一年間でお手元に届いたフィルム全体=『シークエンス』から、お好きなひとコマを選んでいただき、作家自身の手によるオリジナルプリントとしてお送りします。※2,3

ここでのロットはエディションではありません、一点一点、オリジナルのフィルムをお届けいたします。

■初回発送内容:1〜3コマの6x7判リバーサルフィルム=『シーン』、ポータブル型ライトボックス、ルーペ

※1 初回にお届けするライトボックスは、現在入手が困難なため使用品となります。カメラは付属しません。
※2 キャビネ版サイズ、プリントのみ。同内容の作家分(アーティスト・プルーフ)を制作させていただきます。
※3 ご自身で任意のコマをプリントされる場合、そのプリントの第三者への販売は禁止とさせていただきます。

作家情報(Gallery PARC)

作家ウェブサイト
https://www.oozu.info/

facebook
https://www.facebook.com/daisaku.oozu
[商品コード ] OD1-01-001

大洲大作 [m@p]スタンダード

販売中
50,000円(税別)
商品価格には送料が含まれています。

(在庫数 2)

お名前必須
メールアドレス必須

電話番号
お問い合わせ内容必須
回答方法

プライバシーポリシーをご確認ください。

問い合わせメールを送信しました。
発送月:2020年7月(初回)・10月・2021年1月・4月

ご購入受付期間:2020年7月1日〜10月20日

※8月以降にご購入いただいた場合は、2回目の発送(10月下旬予定)までに初回分をお送りします。

※※送料について:国内のお届け先に限り送料込み。[m@p]meet @ post専用封筒に封入の上、レターパックライトにてお送りします。